専業主婦でもプロミスを利用することはできるの?

プロミスを利用することができる対象者は、満20歳以上69歳未満であることと、安定した収入があればパートでもアルバイトでも立場に関係なく利用することが可能となっています。つまり、学生であっても20歳以上でアルバイト収入がある方や、主婦でもパートをしており毎月安定した収入があるなら申し込みの対象者ということです。では、仕事をしていない専業主婦の方は利用することはできるのでしょうか?結論から述べるなら、専業主婦の方は残念ながらプロミスを申し込むことはできません。なぜなら、プロミスは消費者金融に該当するので総量規制の対象となっています。そのため、利用者は年収の3分の1までなら利用することができます。このような理由から専業主婦の方の場合、収入がないためプロミスから融資を受けることはできないのです。しかし、総量規制対象外となっている銀行のカードローンでは、専業主婦でも利用することができる専業主婦専用のカードローンを商品として用意している場合もあります。専業主婦の方でどうしても融資を受けたい方は、銀行系カードローンを利用するといいでしょう。(但しこの場合も、配偶者の安定した収入があることが申し込みの条件となっています。)

 

専業主婦が借り入れできる方法とは?

上記でも見たように、専業主婦の方がプロミスなどの消費者金融から融資をうけることは貸金業法で規制されているため不可能です。貸金業法では専業主婦の方は無職として扱っているからです。どうしてもキャッシングを利用したい場合は、パートなどにでて給与所得者となればよいのです。自分で働いているならプロミスなどの消費者金融でも契約し、専用のローンカードを使ってキャッシングすることも可能となります。しかし、総量規制の対象ですので、自分の年収の3分の1が利用することができる借り入れ額の上限となります。審査の際にはパート勤務先に在籍確認も行われます。しかし、プロミスでは個人情報を慎重に扱っていますので勤務先の方や配偶者などの家族にバレることなく利用することが可能となっています。専業主婦の方でどうしてもプロミスでキャッシングを利用したい方は、まずパートなどの勤務を始めることを検討してみるのはいかがでしょうか?または、銀行系カードローンか中堅消費者金融の利用でもよければ、そちらを検討してみるのもよいかもしれません。

 

派遣社員でもプロミスの審査に通過できるの?

プロミスの申し込み対象者は、満20歳以上満69歳未満であることと、毎月安定した収入があることの2つの条件となっています。では派遣社員はこれらの条件をクリアしていると言えるのでしょうか?派遣社員でも安定した収入があるのでプロミスの審査に通過する可能性は十分にあります。つまり、安定した収入があるなら雇用形態は関係ないということです。もちろん、利用限度額は公務員や正社員の方などと比較すると多少制限があるかもしれません。そのため高額な借り入れは難しい可能性がありますが、派遣社員だからといって審査が不利になるということはありません

 

派遣社員の方がプロミスの審査に確実に通過するためには?

プロミスでは審査に基準を設けています。では派遣社員の方が審査に通過することができるチェックポイントをみてみましょう。

 

1、派遣会社の登録期間
プロミスの審査では収入額に加え、勤続年数が重要ポイントとなっています。これは派遣社員の方だけに限らず、公務員や正社員の方にも適用されます。ではその審査基準とはどのようなものでしょうか?勤続年数が1年から3年以上なら審査を問題なく通過することができます。しかし、半年以下の方は審査に通過するのは難しいでしょう。たとえ通過することができたとしても、その利用限度額はかなり低く設定されることが予想されます。

 

2、持ち家か貸家か?
派遣社員の方の場合、賃貸よりも持ち家の方が審査に有利となります。もちろん、自分で持ち家を所有しているのでなく、家族や配偶者が所有している場合も持ち家に該当します。また、一人暮らしよりも親や配偶者などの家族と同居している方が審査に有利となります。

 

在籍確認の連絡先はどこ?

派遣会社で働いている方は、「派遣元の会社」と「派遣先の会社」の2つが存在しています。では申し込みの際、審査の一環として行われる在籍確認をする勤務先はどちらを記入すればよいのでしょうか?結論から述べるなら、プロミスでは特に決まりを設けていないのでどちらの会社を記入しても問題はありません。自分の好きな方を記入することができますが、在籍確認先を派遣先にするとリスクが伴います。それは在籍確認をすることができない派遣先になってしまったり、急に派遣先が変わってしまったということなどが生じる可能性があるからです。また、勤務先の社員が派遣社員の存在をしっかり把握していない場合もあります。このような状況を回避したいなら、派遣元の会社を連絡先として記入するといいでしょう。

プロミスの審査はガテン系でも通るの?

ガテン系、つまり、職業が土木建設業の方でもプロミスの審査に通ることはできるのでしょうか?結論から述べるなら、審査に通過する可能性は十分にあります。なぜならプロミスの申し込み条件は、満20歳以上満69歳未満で安定し継続した収入があれば誰でも審査を受けることができるからです。つまり、プロミスでは業種は問わずに、返済することができる能力があるなら融資を受けることができるのです。少し前までの土木建設業は、バブル崩壊の影響を受け事業が減少し収入が少なくなるといった不安定な時期もありましたが、今ではそのようなことはなく安定した収入を得ることができる職業となっています。ガテン系の方でも審査に通過する可能性はあるので、問題なく申し込みをすることができるでしょう。

 

日払いのガテン系でも審査は通る?

土木建設業などのガテン系の仕事をしている方の中には、日払い制で働いている方もいることでしょう。そのような方は審査は通るのでしょうか?日払い制でも日当月給という扱いになっていて給与明細書や源泉徴収票を受け取っているなら、安定した収入があると判断され審査に通過する可能性は十分にあります。安心して申し込みをすることができるでしょう。ガテン系の方で天候や資材、行政の立ち入り検査などの影響で、勤務日が毎月変動している方もいるかもしれません。つまり、前月と翌月の収入が異なっている場合です。そのような方は、専門職という就労形態を採用し、ベテラン作業員として収入面での信用度をアップさせれば審査に通過しやすくなるでしょう。

 

一人親方の場合は?

大工や左官業などは一人親方に該当します。さらに専門職の土木建設業や漁師なども含まれることでしょう。このような方の場合、会社に勤務しているのではなく業務委託元から収入を得る形になりますので、プロミスのフリーキャッシングの審査に通過するのは厳しいかもしれません。しかし、代わりに自営業者専用の自営者カードローンを申し込むとよいでしょう。一人親方の場合は、自営業と考えることができるからです。しかし、2〜3人という少人数でも会社に勤務しているなら給与を受け取っていることになるので、プロミス側からは安定した収入があると判断され、審査に通過しやすいことが予想されます。いずれにせよガテン系の方でもプロミスは利用できる可能性は高いので、利用を検討している方は申し込みをしてみることができるでしょう。

水商売でもプロミスの審査は通るの?

プロミスの審査に申し込みをすることができる条件は年齢が満20歳以上満69歳未満であることと、安定した収入があることの2つです。もちろん、この2つの条件をクリアしているからといって審査が必ず通過するということはありません。それに加え、勤務先の情報や家族構成など申込者の属性を審査したり、個人信用情報を照合してから融資をするかどうか、またその利用限度額などを判断していきます。ではプロミスは水商売に関してはどのような見方をしているのでしょうか?結論から述べるなら、水商売も安定した収入がある職業ですので、プロミスの審査を通過することができる可能性は十分にあります。しかし、銀行カードローンや住宅ローンなどは審査に通りにくいということを耳にしたことはないでしょうか?確かにそれらは審査が通りにくいと言われています。しかし、プロミスのような消費者金融なら水商売の方でも安心して利用することができるので、この機会に検討してみることができるでしょう。水商売には、夜の仕事がほぼ含まれます。それにはホストクラブやキャバクラなどで働いている方も該当しますが、働いているお店が法人として経営していることがプロミスの利用条件となっています。つまり、違法経営をしているお店で働いている方は審査に通過することができません。審査の際には勤務先への在籍確認、給与明細書や源泉徴収票などでお店の確認をし違法経営をしていないかどうかをチェックしますので、ごまかすことは一切できません。虚偽の申告はくれぐれも避けましょう。

 

水商売の方がプロミスを利用するメリットって?

プロミスでは業界初の独自システムである「瞬フリ」というサービスを提供しています。これは24時間365日最短1分で融資を受けることができるサービスです。水商売の方は特に夜の時間帯から明け方にかけて働く方が多いため、時間帯が不規則だという人が大多数です。しかし、プロミスの瞬フリサービスを利用すればいつでも好きな時間に必要な金額をすぐに借りることができるのでとても便利なサービスと言えるでしょう。ではこの瞬フリサービスはどのように利用することができるのでしょうか?これを利用するためには条件があります。それは、ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っていることが必要条件となっています。これらの口座をまだ持っていないなら、まず口座開設をしましょう。口座を開設次第すぐに瞬フリサービスを利用することができます。

無職の方はプロミスの審査に通過することはできるの?

プロミスのカードローンを申し込むことができる対象者は、満20歳以上満69歳未満安定した収入があることが条件となっています。また、プロミスは消費者金融に該当しますので貸金業法が適用されるため、安定した収入が無い無職の方は借り入れをすることができません。なぜなら、貸金業法には総量規制という制度があり、利用者は年収の3分の1までの利用が可能となっているからです。つまり、無職の方の場合、年収が0円なので、総量規制を適用したとしても借りれることができる額は0円なのです。なので、無職の方は審査に通過するかどうかを心配する前に、申し込みをすることができません。

 

無職の方が仕事に就いたら審査を通過できるの?

では無職だった方が就労した場合、どのくらいの期間が経過していれば審査に通過することができるのでしょうか?プロミスの場合、仕事に就いてから少なくとも最低6ヵ月以上経過していることが申し込みの条件となっています。ですから、確実に審査に通過したいなら、1年以上仕事に就いて経過していることが必要となるでしょう。なぜなら、審査では勤続年数をみて安定した収入があるかどうかを判するからです。そのため、半年弱の勤続年数では安定した収入とは判断されず審査に通過することはできません。

 

失業給付金を受けているなら審査に通過できる?

失業給付金を受けている方は、残念ながらプロミスを申込むことはできません。確かに収入はありますが、プロミスの審査ではその一環として勤務先への在籍確認というものが行われます。これは勤務先へ申込者が在籍しているかどうかを確認するものです。失業給付金を受けている方は在籍を確認することができる勤務先がないため審査に通過することができません。つまり、失業給付金を受けている間は失業者、つまり、無職とみなされるということです。だからといって、失業前に勤務していた勤務先を記入して申し込みをするようなことは絶対にしないようにしましょう。そのような行為は虚偽申請となる違法行為に値します。たとえ虚偽申請で審査に通過したとしても、在籍期間の不一致が生じ、後にバレることになります。申し込みの記入はいつも正直に正しく記入するようにしましょう。

 

年金収入があるなら無職でも審査に通過する?

プロミスの申し込み条件は満69歳未満までです。そのため年金受給者だとしても、安定した収入を得ることができる職業に就いていなければ無職とみなされ審査を受けることはできません